ディナモがウクライナ王者に

10日のウクライナ・プレミアリーグでは、FCディナモ・キエフがUEFAカップ準決勝敗退を乗り越え、SCタフリヤ・シンフェロポリに3-2で勝利。この結果、UEFAカップ決勝に進出した2位FCシャフタール・ドネツクが勝ち点で追いつけなくなったため、ディナモのリーグ優勝が確定した。

13度目のウクライナ・リーグ優勝を喜ぶディナモの選手たち
13度目のウクライナ・リーグ優勝を喜ぶディナモの選手たち ©Oleksandr Zadiraka

10日のウクライナ・プレミアリーグでは、FCディナモ・キエフが7日のUEFAカップ準決勝敗退を乗り越え、ロスタイムにオレクサンドル・アリエフのフリーキックで勝ち越し、SCタフリヤ・シンフェロポリに3-2で勝利。この結果、UEFAカップ決勝に進出した2位FCシャフタール・ドネツクが勝ち点で追いつけなくなったため、ディナモのリーグ優勝が確定した。

最多優勝記録
先週半ばに行われたUEFAカップの対戦ではシャフタールが勝利を収めたが、国内のリーグ戦ではディナモが最多優勝記録を13に伸ばし、シャフタールの連覇を阻止した。シャフタールはFCハリコフを3-0で下し、優勝に望みをつないだが、引き分け以上で優勝が決まるユーリ・セミン監督率いるディナモは、アリエフが35メートルのシュートで決勝点をマークし、3試合を残してシャフタールとの勝ち点12差を保ち、優勝を決めた。

序盤のゴール
熱戦となったこの試合では、3分にタフリヤが先制。デニス・ゴライドの強烈なシュートをGKオレクサンドル・ショフコフスキーが弾き、こぼれ球をラッキー・イダホルが蹴り込んだ。セミン監督は後半からアリエフとアルテム・ミレフスキー、ミロシュ・ニンコビッチを投入。すると56分、ティベリウ・ギオアネがオーバーヘッドで同点ゴールを決めた。その直後、アントン・モナホフのゴールでアウェーのタフリヤが勝ち越したが、ディナモは終了15分前にアンドリー・ネスマチニーのゴールで追いついた後、ウクライナ代表のアリエフが決勝点を奪い、今季リーグ戦27試合目で23勝目を記録した。

Topo